chibaccho's diary

デジタル畳職人で音楽も作る人の雑記 ち畳工房・ち音楽堂(http://www.c-ongaku.com)

母の年金記録を調べに行って来た

年金問題もあまり話題に上がらなくなりましたが、平成24年の9月の時点で、持ち主不明の年金記録が未だ2,200万件もあったそうで、平成25年の1月から加入者に直接協力してもらうことになったようです。

ねんきんネットのサイトで持ち主不明の年金記録を、母の旧姓、生年月日、性別で検索したところ該当する結果があるとのことなので、母の父親が国民年金をかけていたらしいということで、未加入になっている期間を調べに行ってみることにしました。

年金手帳や証拠になるものが残っていれば話は早いのでしょうが、昭和30年代〜40年代の話で母も細かい事はほとんど覚えていないということで、とりあえず国民年金の加入状況を調査してもらう事に。結果はどれくらいで出ますか?と聞いた所、半年以上かかるかもしれません、一年はかからないと思いますがとのこと(^_^; これでも早くなったという話なので、年金記録問題の解決は気の遠くなるような道のりに感じます・・。

プライバシーの問題があるので、そう簡単に情報を見せて確認してもらうわけにもいかないそうで、納めた証拠になるものが残っていない場合、整合性が確認出来るくらいの情報を提供できないと解決は難しそうですね〜。

母もほとんど諦めているので、あまり期待しないで結果を待つ事にします。