読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chibaccho's diary

デジタル畳職人で音楽も作る人の雑記 ち畳工房・ち音楽堂(http://www.c-ongaku.com)

シャネルパロディTシャツ

ち畳工房では少し前からバカTシャツの販売も始めました。

今回新たにシャネルをモチーフにしたシャベルTシャツを追加しましたので、Tシャツ

ショップのほうも覗いてみて下さい。

http://chitatami.thebase.in/

f:id:chibaccho:20100210142646j:plain

SHOVEL for beautiful human life

昭和レトロ・畳用ハンディミシン

f:id:chibaccho:20131006151906j:plain

このミシンは私が畳屋の工場の仕事を辞めて地元に戻る時に、自営でやる仕事の一つに畳を売る事も考えていて、このタイプの中古なら手が届くかな〜と探していた所、師匠の職人さんがこの先使う事無いだろうから持ってけと貸してくれた物です。

f:id:chibaccho:20131006152837j:plain

ミシンを乗せるレールに付けられたプレートの文字の感じからすると、昭和40年代頃の物でしょうか。かなり年季は入っていますがシンプルで壊れない為、今でも現役で使用出来るところが凄いですね。

f:id:chibaccho:20131006153345j:plain

モーターのNATIONALの文字がレトロ萌えです(笑)

f:id:chibaccho:20131006153605j:plain

この定規を使って縁幅を調整してからレールを固定します。

f:id:chibaccho:20131006153846j:plain

こんな感じに縁、縁下紙、ミシンをセットします。ハンディと言ってもミシンは15kgくらい重さがあるので、中腰で作業しているとかなり腰に来ますr(^^;)

では動いている動画をどうぞ。


(昭和レトロ)畳用ハンディミシン Old sewing machine for Tatami - YouTube

f:id:chibaccho:20131006155400j:plain

こんな感じに縫い上がります。

f:id:chibaccho:20131006155824j:plain

そしてこの「わたり」という定規で縁の幅に折り目を付けて、縁と縁下紙を折り返します。

f:id:chibaccho:20131006160030j:plain

こちらが仕上がった畳です。工作機械は電子制御、自動化が進んでいますが、このようなアナログな機械も、コストパフォーマンスを考えると強ち捨てたものでは無いと思います。

ち畳工房 http://www.c-ongaku.com/tatami-t.html

畳返しのように手裏剣で止めるコルクボード

畳返しという技をご存知でしょうか?忍者映画などで、手裏剣の攻撃を畳を起こしてかわす技です。これにインスピレーションを得て、ち畳工房で制作している畳ボードに、手裏剣型のピンをセットにしたものを販売しております。興味のある方は当サイトをチェックしてみてください(^-^)/

http://www.c-ongaku.com/t-shuriken.html

カスタムバイクのハンドシフト

このあいだ自分の車の前をチョッパー系カスタムバイクが走っていて、止まるたびに片手運転になってなんだろうと気になって観察してみると、レバーを操作してギアチェンジしているではありませんか!

クラッチとかどうなってるんだろうと気になって検索してみると、チェンジレバーとクラッチを一体にしていたり、足でクラッチを操作するタイプなど、パーツを工夫して自作してカスタムしてるんですね〜。

昔日本にあった陸王というハーレー系のバイクがまさにそのハンドシフトのバイクで、原点回帰というかわざわざ乗りにくい方向に改造してるんですな。

f:id:chibaccho:20130619211417j:plain

この右側のバイクがその陸王です。

カスタムバイクのベースになるのは、シンプルなヤマハのSRやアメリカンタイプのバイク、それとやはりシンプルな古い型のバイクですね。私も最近の車やバイクにはあまり心惹かれる物が無くて、古い物ばかり探してしまうのですが、車やバイクを弄るのが好きな人だとなおさらかも知れません。

性能や安全性は高くなったけれども、電子制御や手の入るスペースも無いほど詰め込まれたエンジンルームなど、自分でメンテする程度の楽しみも無いのですよね。もっと趣味性の高いシンプルで安いものが出てくると、車、バイク離れの流れも多少変わってくるのではないかと思ったりします。

ハンドシフトのバイクの記事で、乗りこなせるようになると征服感があって良いという感想があって、古い車やバイクの面倒な部分や、手間のかかる部分を工夫して乗るのが楽しいんだよな〜と思った次第です。

母の年金記録を調べに行って来た

年金問題もあまり話題に上がらなくなりましたが、平成24年の9月の時点で、持ち主不明の年金記録が未だ2,200万件もあったそうで、平成25年の1月から加入者に直接協力してもらうことになったようです。

ねんきんネットのサイトで持ち主不明の年金記録を、母の旧姓、生年月日、性別で検索したところ該当する結果があるとのことなので、母の父親が国民年金をかけていたらしいということで、未加入になっている期間を調べに行ってみることにしました。

年金手帳や証拠になるものが残っていれば話は早いのでしょうが、昭和30年代〜40年代の話で母も細かい事はほとんど覚えていないということで、とりあえず国民年金の加入状況を調査してもらう事に。結果はどれくらいで出ますか?と聞いた所、半年以上かかるかもしれません、一年はかからないと思いますがとのこと(^_^; これでも早くなったという話なので、年金記録問題の解決は気の遠くなるような道のりに感じます・・。

プライバシーの問題があるので、そう簡単に情報を見せて確認してもらうわけにもいかないそうで、納めた証拠になるものが残っていない場合、整合性が確認出来るくらいの情報を提供できないと解決は難しそうですね〜。

母もほとんど諦めているので、あまり期待しないで結果を待つ事にします。

 

2013年05月25日のツイート

2013年05月24日のツイート